投資の口座を作りましたがその先に進めません。

投資
SONY DSC

<ご質問>金融商品の種類が多く,どのように選んで運用すれば良いのかわからないのでそれぞれの特徴と運用時のコツや注意点を知りたいです。投資を行う時期(年齢)や、投資の額、活動の時間帯、さける時間、などによっておすすめの商品は変わってくるのでしょうか?

ご質問ありがとうございます。

埼玉県のブレイン・トータル・プランナーの舘野です。

確かに金融商品は多岐に渡ります。投資信託だけでも6000件は存在していると言われておりますのでどれを選択すべきか悩まれると思います。

重要な基準は投資するのに安全であるのか、そして資金が必要になった時にすぐに現金化できるか、投資した金融商品からどれ位の利益が期待できるのかの3要素が基準となります。この3つの基準をクリアーする条件を分散投資と言います。つまり、3つにリスクを分散させることである程度はクリアーすることが可能となります。

もっと安全な金融商品は預金と債券です。預金についてはあえてご説明する必要はないでしょう。銀行にも破綻リスクはありますが、預保によって1行あたり1000万円までは保護されていますので安心です。債券でもっと安心なのは国債です。特に日本の国債は世界レベルで安定しております。

但し預金や国債は現在の低金利の状況では大きく利益貢献を期待できるレベルにありません。従って安全である程度の利益期待がある金融商品が投資信託となるでしょう。

投資信託もアクティブ型(ハイリターン・ハイリスク)とネガティブ型(ローリターン・ローリスク)に分かれますが、積立NISAなどで認めれている金商品が代表的なネガティブ型となります。つまり少ないリターンで長期に運用する事で安全で現在の金利レベルよりの期待が高い運用が可能となっているとお考えください。

また、保険商品等は外貨運用と生命保険をパッキンさせた金融商品が多いですが、外貨運用も金融商品としては魅力的です。グローバルな通貨としてはドルと円ですが、それぞれにバランス良く外貨運用をしておけば為替リスクはある程度回避する事も可能となります。

但し、為替手数料等がかかりますので解約時までのトータルなリターンが計画通りになるかは断定できません。

利益が一番期待できるのが自己による株式投資ですが、株式の価格を決定するのはさまざまな需給関係を理解する必要があり、短期に利益を求めるのではなく長期に企業に投資する余裕を持って臨めれば、将来の資産形成に大きく貢献する事も可能となります。

勤労所得がある現役時代は、ある程度の損失をしても取り返しが可能ですが、リタイア後(概ね65歳以降)は、なかなか取り戻すことが出来ません。従って、現役の時期はある程度資金を寝かしながら長期に運用し、ターゲットイヤー(65歳頃)からは、リタイア後の資金が減るリスクが少なく、急な資金が必要になって時には極力現金化が可能な商品とすることが大切になります。ご質問者様は焦らずじっくりと金融商品知識を付けられ、お仕事を中心に帰宅後の空き時間を有効に使いながら知見を広げていかれてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました