教育費(学習費)総額が増加

教育資金

15年間の学習費総額私立1838万円、公立574万円

文部科学省から令和3年度に調査した、子供の教育費調査結果が公表されました。

幼稚園以外は、公立と私立共に前回(平成30年度)よりも増加しています。教育費は学校教育費、給食費、学校外活動費に分かれますが、給食費以外は毎回増加傾向にあります。

特に私立、公立共に負担が高い学校外活動費につきましては、補助学習費(自宅学習や学習熟、家庭教師など)の支出が最も多くなっています。他にスポーツや教養、文化活動などの支出もありますが、学校以外での学習補助が必要である背景が伺えます。

もちろん、すべてのご家庭に当てはまる訳でがありませんが、小学生から高校生までの12年間に支出する計画は把握しておく必要があります。

学校外活動費は人口と世帯収入に比例

調査結果を見るに、人口10万人未満よりも人口100万人以上の市区町村に学校が所在している方がはるかに高く、加えて世帯収入(年間)400万円未満よりも1200万円以上の世帯の方が支出額は多くなっています。

世帯収入が高ければ、お子様への学校外活動費に支出できることは理解できますが、ローカルエリアよりもアーバンエリアの方が学校外活動費が高くなる傾向は、学校外活動を促進する施設も多く、一施設当たりの単価も高い傾向にあるとも思われます。

教育費(学習費)の負担は増加するか?

毎回の調査結果から判断すれば、増加する傾向にあると考えられます。当然に消費税の増加や物価の増加による影響もあろうかと思います。

大切なことは、将来必要とされる資金計画を立てておくことですが、本当に必要なことは、お子様に合わせた教育プランを把握することだと思います。

そのためには、親御様自らが学習する気持ちが必要であり、ご家庭内が学習するという環境を作ることで、自ら学ぶ楽しさと習慣を身に着けられるのではないでしょうか。

つまり、教育費の負担増が学校外活動費にあるのであれば、お子様に合った学校外活動を選択すればよく、そのためにも、ご家庭で様々な学習に関するお話を継続され、時には体験させることで本当に必要な教育費を支出することが可能となります。

「出を制して入りを図る」必要なことには惜しむなく支出するために、無駄を知る知見が学習費を含めご家庭の負担を軽減される近道ですね。

出典:文部科学省(令和4年12月21日)

コメント

タイトルとURLをコピーしました