75歳以上の保険料が年間5300円増加

ライフプラン

年金世帯の4割が該当

あくまでも試算の段階ですが、後期高齢者(75歳以上)が加入する保険料が2024年度から年間5300円増額となるようです。
現在の平均保険料は77700円ですが、自然増分を含めますと9600円増加となり、2024年度には87300円になると社会保障審議会医療保険部会が示しました。
背景には、現役世代の負担軽減のための引き上げと、主産育児一時金の増額財源に拠出するために後期高齢者医療費制度を見直すためです。
高齢者の人口比率は増加傾向にあり、医療に関する負担を高齢者にも求めることになりますが、年金収入が153万円超の人が対象となるため、当然に生活費も圧縮が必要と考えておかなければなりません。

老後資金の見直し

諸物価も高騰しており、医療費の負担も必要となることから、年金で生活を確保するためには当然に老後資金の見直しが必要になります。
生産者労働人口が減少する予測では、保険料だけではなく様々な生活費が将来に向けて負担増となることは避けられません。
但し、生産者労働者一人の生産性が高まれば、将来の憂いは解消しますが現在の国力では不安要因が燻っています。
今後日本を背負っていただく若い世代に期待したいところですが、5年後10年後に65歳に到達する世代では、老後資金について真剣に考える必要があると思います。

ライフプランの作成

老後資金を見なすためには「見える化」が必要ですから、ぜひライフプランを作成されることをお勧めします。
更に作成されたライフプランを監修してもらうことが大切であり、ファイナンシャルプランナー(FP)にご依頼をすることもお勧めします。
FPであれば、キャッシュフローから判断しながら、適切な収支環境を計画し必要な資金をどのように準備してゆく必要があるかを支援してくれます。
また、本当に必要な保障(保険)等を選択してくれますから、まずはご相談なされてみてはいかがでしょうか。
意外と現在ご加入の保険や金融商品を見直すことで、将来の憂いを見つけだすチャンスを得られるかも知れません。

無料のご相談はこちらのHPからご連絡をお待ちしています。
https://brain-tp.com/





コメント

タイトルとURLをコピーしました